手帳型のスマホケースがおすすめな人は?

スマホケースは、さまざまな種類があり、衝撃や傷から守る事を目的にしている製品もあれば、デザインを楽しむ事を重視した製品等があります。多くのスマートフォンは、どうしても似通ったデザインになってしまいがちですが、ケース選びによって、センスや個性が表現され、ユーザーの自己主張や、性格が垣間見えるのも面白いところです。流行のTPUケースや、ハイブリッドケースは、耐衝撃性を重視しているため、素材そのものが加工や着色が難しく、よりフィットさせるためにデバイス本体とほぼ同様の形をしており、デバイスを守る事が最大の目的とは言え、デザインの面白みには欠けてしまいます。その中でも手帳型ケースは、面積が大きく、素材もさまざまあるため、デザイナーが個性を発揮しやすい製品です。

手帳型ケースにしか守れないもの

上述のように、TPUケースやハイブリッドケースは耐衝撃性に優れていますが、それはあくまでも覆われている背面やサイドフレームであり、液晶パネルは剥き出しのままです。液晶保護フィルムを貼る事で、ある程度耐久性はアップしますが、もちろんそれはTPUの比ではありません。しかし、手帳型ケースであれば、カバーを閉じれば液晶パネルも覆われるため、保護フィルムだけでは不安な方や、液晶パネルの傷や汚れなどが気になる方におすすめです。一部の手帳型ケースでは、スマートフォンを固定させるマウントにTPUを採用した製品もあり、耐衝撃性と、液晶パネルの保護を両立しており、従来のハイブリッドケースとはまた違った意味のハイブリッドとして、今後のトレンドとなる可能性が注目されています。

手帳型ケースならではの付加機能

多くの手帳型ケースでは、カバーを折り畳んで三角形のような形にすれば、スマートフォンスタンドとしても利用出来ます。デスクの上にハンズフリーで設置して、動画を楽しむ事も出来ますし、ビジネスの分野では、会議でプレゼンテーションの資料を複数人で閲覧する場合にも役立ちます。また、カバーの裏側にポケットが付いている製品では、電子マネーや交通系のプリペイドカード、クレジットカード等を収納でき、おサイフケータイ機能を持たない機種でも、ケースごとデバイスを読取装置にかざせば、厳密にはカードが読み取られますが、擬似的におサイフケータイの如く決済も可能です。お札や小銭を入れるポケットも付いている製品もあり、これひとつあれば、別途財布を持ち歩く必要も無くなります。ここまでのさまざまな機能をもつスマホケースは手帳型ケースならではで、スマホとケースだけで何でもこなしたい方におすすめです。